HOME > メガネ > 目・眼 雑学事典 > ウインタースポーツはサングラスを忘れずに

目・眼 雑学

ウインタースポーツはサングラスを忘れずに

ウインタースポーツはサングラスを忘れずにスキーなどのウインタースポーツをするときに気をつけたいのは「雪眼炎」。

スキーやスケートなどウインタースポーツをしたときに、雪に反射した強い紫外線を受けて眼の角膜に炎症をきたす病気を雪眼炎といい、通称「雪目(ゆきめ)」とも呼ばれています。

雪眼炎がひどくなると、目がゴロゴロしたり、充血して瞼が腫れて、涙が止まらなくなったりすることがあります。

重傷の場合には、視力低下などを起こす場合もありますので、症状がひどい場合には早めに眼科医を受診するようにしましょう。

ウインタースポーツを楽しむときは、サングラスやゴーグルをして紫外線から眼を守るようにしましょう。サングラスの場合は、横側からの紫外線を避けるためには、顔のカーブに沿った形のものがよいでしょう。

紫外線は、晴れた日ばかりが強いわけではありませんので、曇りの日でも必ず予防することが大切なのです。
.