Diamond 4C

ダイヤモンドの4Cについて
HOME | BRIDAL | ダイヤモンド4C

Diamond 4Cとは?

ダイヤモンドの価値は、4つの要素で決定されます。
その4要素の頭文字がいずれも゛C”であることから、通常4C(ヨン シー)と言われています。
CARAT-WEIGHT〈カラット・重量〉
COLOR〈カラー〉
CLARITY〈クラリティ・透明度〉
CUT〈カット〉

4C

カラット・重量

カラットとは、ダイヤモンドの大きさではなく、重さを知るための、標準的な単位です。1カラットは約0.2g。「ct」の記号であらわします。 
 

カラット

カラー

ダイヤモンドの色は、無色から黄色味がかったものまでD~Zに等級づけされています。
 
GIA(米国宝石学会)は、この等級の基準となるマスター・スト―ンに、ラザールキャプラン社のダイヤモンドを採用しました。

 

 
カラー

 

 

クラリティ

ほとんどの天然ダイヤモンドには内包物がありますが、その量や大きさなどによって「透明度」のFL-IFからIまでの等級が決定されます。  

 

 
クラリティ
 

カット

4Cの中でただひとつ、人の技術や思惑によって左右するのがカットです。ブライトネス、ファイアー、スパークルの絶妙なバランスを決定づける大切なポイントです。このバランスが、ダイヤモンドの美しさに多大な影響を与えます。

 
クラリティ

 

IDEALLY PROPOTIONED DIAMOND

ー理想的なカットとはー

ダイヤモンドの持つ3つの輝きのバランスが重要
ブライトネス〈内部からの白色反射光〉
ファイアー〈光の分散による虹色光〉
スパークル〈主に表面反射光〉
 
ラザールルース
 
ラザールダイヤモンドが選ばれる理由は、自然が生み出したダイヤモンドの個性を、人間の手によって理想的にカットし本来そのダイヤが放つであろう輝きを最大限に引き出す。そうした技術を惜しみなく注ぎそれを忠実に100年以上もの間続けています。